6月から受講していた第12期TLIベーシック講座修了!

約 4 分
6月から受講していた第12期TLIベーシック講座修了!

2015年あたりから、自分の人生に疑問を持つようになっていろいろなことを学び始め、いい加減本気で自立して前に進みたくなった。

そのタイミングでの今回のTLI受講開始だった。

かつて親の言うことをなんでも聞く良い子だったけれど、

40歳になる頃、家族にさまざまな問題が起こり始めたことにより、

ようやく親にとって良い子を演じてきた自分と、

そんな私と一緒にいる家族も今まで生きづらかったことに気づく。

これまでの私の人生は、ほとんど他人軸で動かされてきたものだった。

そこそこ裕福な家庭に生まれ、私立の中学、高校、短大に進み、

地方とはいえ一部上場企業に、就職氷河期にも関わらず難なく就職でき、職場結婚、2人の子供ができて、

他人から見ればこれほど幸せな、安定した人生はないのかもしれない。

今書いていて「すごく順調な人生だ」と思った(笑)。思いっきり他人軸なんだけど。

でも、もうそろそろその軸を自分に取り戻したくなった。

他人軸で生きることは苦しいと、自分の本当の心が気づいてしまったから。

そのためには、自分のやりたいことをやる、
好きなことを仕事にする、
親のご機嫌を伺わない、
健全なパートナーシップを取り戻すことなどが主な課題だった。

でもどれもやれる自信がなかった。

講座前半の心の学びは主にビリーフ(過去身につけた不要な考え方やとらわれ)解放。

ビリーフを解放することによって、今まで蓋をしてきた本当の気持ち、やりたいこと、それからちょっとを思い出す感じ。

大げさに言うと、

「この命を何に使うために生まれてきたのか」を見つける。

私はそのかけらを見つけたと思っている。

今回、すべてのビリーフが解放されたというわけではない。

でも、何か事あるごとに『あ、これビリーフだな』と気づくことができるようになった。

そうすると、どっぷりはまって落ち込んだり、長々と苦しんだりせず、どうしてこうなっているのか、こんなことになっている自分を俯瞰して見ることができるようになり、気持ちがかなり楽になった。

これは私にとって大きな進歩で、今後の人生に大きな影響を与えることになるのだろう。

そしてこの講座で得た大切なもの、それは仲間。

6ヶ月共に学んだ仲間とは、これからもずっと一緒に進みたいと思っている。

学ぶ内容と講師が良いことはもちろん大切だけれど、共に学ぶ仲間も大切。

今回集まったメンバーと出会えたことは、本当に素晴らしいことだった。

でもなんと!

この講座の最後に学んだことは、その仲間とも離れるタイミングが来るかもしれない、ということ。

ある時、友達や仲間と一緒にいても違和感を感じ始めるという。

それは少し寂しいことでもあるけれど、悲しいことではない。

自分のステージが変わったというしるし。そして変わった自分には、その時にふさわしい新しい仲間ができるということだった。

そういえば私もかつて仲の良い友達だと思っていたママ友とはもう連絡もとっていない。

ママ友ワールドにいる自分は、もう違和感しかない。実際の距離も離れてしまった。でもこれでいいと思えることができた。

そして今は、経営者さんを含む多くの学び仲間に囲まれて生きている。周りにいる人が明らかに違う。

これは自分のステージが進んだ証拠だ。

人生のステージが一つ進んだ私は、「やってみたいことをやっていい。大丈夫なんだ。」と思えるようになった。

もし本当にやりたいことかどうかわからなくても、たとえ失敗しても、やりながら修正していけばいいと、いろんなところで聞いてはきたけどそれが今回やっと腑に落ちた。

だから時々不安になることがあっても、また大丈夫って思える自分に戻ることができるだろう。

大丈夫だと思える私は、強い。

もしあなたも、大丈夫ワールドに入りたくなったら、人生の舵を取り戻したくなったら、

1月からの講座、受けてみて!

記事を書いたのは

きこ
通訳案内士。2008年〜2011年の3年間、(元)夫がマレーシア駐在になり、専業主婦として滞在しました。2018年離婚。その後18歳息子と13歳娘を連れて地方から東京へ移住。LPLカウンセラー・セラピスト養成講座修了。得意なこと:主婦歴20年を活かした幸せ感じる家庭料理、難しいお年頃の子供たちとの良好な関係づくり、傾聴、英語。好きなもの:ワイン、日本酒、デパ地下。
好きなもの:日本酒、ワイン、飲み会も一人飲みも、コーヒー、美味しい食べもの、ひとり旅、海外のボーイズバンド♡